【オシャレ】BRUNO(ブルーノ)の電動ミルコーヒーメーカーを買ったら手軽に挽きたてコーヒーが楽しめる!

IT・ガジェット
スポンサーリンク

先日コーヒーミルを探していたところ良さげなコーヒーメーカーを発見したのでご紹介したいと思います。

それがBRUNO(ブルーノ)電動ミルコーヒーメーカーです。

実際に使用してみて買って良かったと満足出来たので詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

BRUNO(ブルーノ)について

BRUNO(ブルーノ)とは「結果にコミットする」でお馴染みのRIZAPグループ傘下の株式会社イデアインターナショナルという会社が運営している日本のブランドです。

ホットプレート、ブレンダーなどのオシャレなキッチン家電をメインに販売しています。

雑貨屋などによく置いてあるイメージがあります。

電動ミルコーヒーメーカー

今回購入したBRUNO(ブルーノ)電動ミルコーヒーメーカーの良かったところをご紹介していきます。

  • オシャレ
  • 簡単に挽きたてコーヒーが飲める
  • コードレス

上記を解説していきます。

オシャレ

シンプルな見た目で部屋に置いておくだけでオシャレに感じます。

色は2種類あり、ベージュとカーキがあります。

自分はベージュが好みだったのでベージュを購入しましたが、ベージュの方が人気のようでした。

カーキはアウトドアなどで使用する時にいいかもしれませんね。

簡単に挽きたてコーヒーが飲める

こちらのコーヒーミルは一台で下記の機能があります。

  • 電動ミル
  • ドリッパー
  • 真空カップ

電動ミルで豆を好みの挽き具合に調整してステンレスドリッパーで真空カップにドリップする事ができます。

粉やインスタントコーヒーと比べて簡単に豆を挽いておいしいコーヒーを飲む事ができます。

コードレス

100Vのコンセント式ではなくUSB-Cタイプの充電式なので会社やアウトドアなどの屋外でも自動で豆を挽いて作りたての美味しいコーヒーを作れます。

自分は会社に持っていって休憩時間に挽きたてコーヒーを楽しんでいます。

外観

今回購入した本体の外観がこちらです。

ベージュを購入しましたがオシャレでコンパクトな為、気に入っています。

上から説明をすると上の4つの丸いランプが充電の残量を表しています。

その下が運転ボタンとなりコーヒー豆をセットしてボタンを押すと電動ミルが作動します。

運転ボタンの下がUSB-C充電器の差し込み口になります。

BRUNOの文字の下の矢印を回すと豆の挽き具合の調整が出来ます。

左から細かく⇨荒いとなります。

上部の電動ミル部分を外すと真空カップ、ドリッパーが付属しています。

ステンレスフィルター側面の部品を外に開くと真空カップに立てれるようになります。

この状態で引いた豆をドリップすれば挽きたてコーヒーを飲む事ができます。

まとめ

アウトドア、会社などで挽きたてコーヒーを飲めるようになると気分を変えることが出来てリラックスすることが出来ました。

こんなにいい商品があったならもっと早く知りたかったです。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました