【熱中症対策】BURTLE(バートル)の空調服エアークラフトを導入したら夏の屋外作業が楽になった

LIFE
スポンサーリンク

例年酷暑が続いており夏になると屋外に出て作業するのがつらくなってきます。

今年も例年通りの猛暑が予想されており夏本番に向けて熱中症対策が必要になってくると思います。

自分は仕事で屋外作業をする事があるので今年の猛暑にどう対策するか考えていました。

去年までも空調服を使用したりしていましたが、風が弱かったり生地が分厚くて暑さをしのぐことができませんでした。

そんな苦しい思いから解放されたくていい商品がないか調べるとBURTLE(バートル)の空調服が良さげで購入してみるとかなり良かったので紹介していきます。

スポンサーリンク

BURTLE(バートル)とは

BURTLE(バートル)とは広島県府中市で1958年に創業された日本のアパレルブランドです。

【「優れた商品を通じてお客様に「本物」と「安心」と「満足」を提供し続けていく良きパートナーとしてあり続けること。】を信念としているそうです。

バートルの空調服

空調服は様々なメーカーからいろんな種類が発売されていますが、今回購入したバートルの空調服にはいくつか特徴があります。

  • デザインが豊富
  • 高出力バッテリー搭載の大風量
  • 高性能

上記3点を詳しく解説していきます。

デザインが豊富

ます空調服の形ですが種類が豊富です。

  • ベスト
  • パーカーベスト
  • 半袖ブルゾン
  • 半袖パーカーブルゾン
  • 半袖ジャケット
  • 長袖パーカージャケット
  • 長袖ブルゾン

上記7種類あり、使用する用途に合わせて選択することが可能です。

また、カラーも豊富なのでオシャレに着用することも可能です。

高出力バッテリー搭載の大風量

業界最大級の13Vバッテリーを搭載しており大風量となっています。

さらにバッテリー、ファンは東証1部上場している大企業の京セラが製造しています。

風量が従来の物に比べて強くなっており涼しく感じます。

風量比較動画は下記参照

こうやって比較すると一目瞭然ですね。

高性能

UVカット素材、アルミコーティングで遮熱効果があり強い日差しも防げます。

また防水加工も施してあり急な雨にも対応できます。

さらに保冷剤を入れるポケットがついておりかなり涼しく感じます。

まとめ

屋外で作業されている方はもちろん、デザイン、種類が豊富なのでアウトドアとしても使用する事ができます。

今年も猛暑が予想され熱中症対策が必要だと思いますのでこちらの空調服はオススメでした。

さらにインナーにワークマンなどで販売している冷感インナーも合わせると非常に涼しくなります。

出来れば組み合わせて着用すれば屋外でも快適に作業が出来る様になるかなと思います。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました