【ポータブル電源】Jackery(ジャクリ)のポータブル電源が凄すぎる!

キャンプ
スポンサーリンク

屋外で電源が使えるようになるJackery(ジャクリ)のポータブル電源ですが最近見る機会が増えてきた気がします。

アウトドアブームもありキャンプ、車中泊はもちろん、災害時の非常用電源としても使用でき幅広い場面で使用することが出来ます。

最近広告などで目にする機会が増えてきており気になっている方もいらっしゃると思います。

そんなJackery(ジャクリ)のポータブル電源について情報をまとめていこうと思うので購入を検討している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

Jackery(ジャクリ)とは

あまり聞き馴染みがないかもしれませんがJackery(ジャクリ)とはアメリカNo.1のポータブル電源メーカーです。

2012年にAppleの元エンジニアを加えてJackery(ジャクリ)として設立されました。

読み方についてですが初めは「ジャックリー」かと思っていましたが「ジャクリ」が正しいみたいです。

名前の由来は「Jacket(ジャケット)」「Battery(バッテリー)」を組み合わせ、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来になっています。

2019年に日本法人が設立されています。

Jackery(ジャクリ)の特徴

Jackery(ジャクリ)には下記の特徴があります。

  • 5種類の容量から選べる
  • 接続端子が豊富
  • ソーラー充電可能
  • 安全性が高く頑丈

詳しく記載していきます。

5種類の容量から選べる

自分に合った用途から5種類のサイズを選択出来ます。

小さい順に紹介します。

Jackery ポータブル電源 240

¥19,800(税込)

Jackery ポータブル電源 400 

¥44,800(税込)

Jackery ポータブル電源 708 

¥79,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 

¥139,800(税込)

Jackery ポータブル電源 Ace1500

¥176,000(税込)

上記5種類ありますので気軽なアウトドアから本格的なキャンプ、防災用としても選択肢があり利用するシーンによって最適なサイズを選択出来ます。

接続端子が豊富

Jackery(ジャクリ)のポータブル電源は接続出来る端子の種類が豊富です。(型番にもよる)

  1. 家庭用の100Vコンセント
  2. USB-A
  3. USB-C
  4. 車用のシガーソケット

上記の端子が搭載してありますのでスマートフォン、パソコンなどの充電はもちろんコンセントを差し込んでドライヤーや電気毛布も使用可能です。

また、シガーソケットも使用できるので車中泊用としても問題なく利用できます。

ソーラー充電可能

別売りのソーラーパネル「Jackery SolarSaga 60」「Jackery SolarSaga 100」を購入すれば屋外でソーラー充電をすることが可能です。

キャンプ中や停電時など電気が使えない状況でも太陽光から充電可能なので非常に便利です。

安全性が高く頑丈

Jackery(ジャクリ)のポータブル電源は耐久性の高いリチウムイオン電池を使用しておりバッテリー寿命も延長されています。

500回充電、放電を繰り返しても80%以上の蓄電容量が保証されています。

繰り返し使用しているとバッテリーがほとんどなくなる商品がある中凄い性能だなと思います。

また、BMS(バッテリーマネージメントシステム)により電圧や温度を適切に管理し、過充電および過放電を防止し、高い安全性を実現しており安心して使用することが出来ます。

また、ポータブル電源をフル充電して3ヶ月経過してもバッテリー残量80%以上を保持することが出来ます。

充電して放置しておいてもバッテリーが8割以上残っていればこまめに充電する手間もありませんし万が一災害が発生した時の事を考えても安心できます。

さらに保証期間が2年間あり長期保証なので不具合があっても大丈夫です。

まとめ

以上Jackery(ジャクリ)のポータブル電源についてまとめてみました。

個人的なオススメはアウトドアにちょこっと使うくらいならJackery ポータブル電源 400 

ファミリーキャンプでガッツリ使いたい、防災目的の方にはJackery ポータブル電源 1000 がいいのではないかと思います。

もちろん用途によっては人それぞれ違うと思うので色々と比較して自分に合った商品を選択してください。

以上ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました