【タイムラプスの撮影方法】上棟の様子をタイムラプス撮影したらいい映像が撮れた

LIFE
スポンサーリンク

現在新築でマイホームを建築中なのですが、先日上棟を無事に終えました。

棟上げ当日に準備しておくと助かるものをまとめた記事を書きました。

棟上げ当日に一眼レフα7cでタイムラプス撮影をしてきたらいい映像が撮れました。

今回は棟上げの映像をタイムラプス撮影するにあたり設定方法、準備が必要なものをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

タイムラプスとは

まずタイムラプスとは数秒間隔で写真を撮影してそれらを繋ぎ合わせた動画です。

コマ送りのような動画となりパラパラ漫画みたいな作品になります。

下記の動画のような映像です。

必要なもの

棟上げの様子をタイムラプス撮影するにあたり下記のものは必須になります。

  • カメラ(iPhone)
  • 三脚
  • モバイルバッテリー
  • SDカード

上記となります。

カメラ(iPhone)

まずカメラが1番大事です。

iPhoneでも撮影出来ますが30分以上の撮影時間だと自動的に30秒の動画になるため今回は一眼レフで撮影しました。(愛機のSONY α7c)

棟上げの場合朝8時から夕方17時まで作業するため30秒だと速度が速すぎてわかりにくいかと思ったからです。

三脚

タイムラプスの場合構図を一度決めたら同じ位置で固定しておく必要があるため三脚は必須です。

安くてもいいので大きめの安定する三脚を準備しましょう。

モバイルバッテリー

朝から夕方まで長時間撮影するのでモバイルバッテリーは必須です。

撮影時はカメラに常時繋ぎっぱなしとなります。

途中でバッテリーが切れると一生に一度の映像が撮れなくなりますので大容量のモバイルバッテリーを準備することをお勧めします。

安定のAnker製が個人的なお勧めです。

SDカード

こちらも容量が大きいSDカードじゃないと途中で容量がなくなる可能性があります。

自分は朝から夕方までの撮影で230GBほど容量を使ったので最低でも256GBのSDカードを準備したほうがいいです。

自分は念の為、512GBを買いましたが今後も使えるので良かったなと思いました。

個人的には安くて品質が安定しているサンディスクのSDカードをお勧めします。

その他

実際に撮影してみて追加で準備しておくといいと思ったのが2点あります。

  • タオル
  • ビニール袋

上記です。

タオル

長時間日差しの中カメラを設置するのでカメラ自体が熱くなります。

当日は何も準備していなかったのでタオルをカメラにかけて日除けとして使用しました。

タオル以外でも日除けになるものを準備したらいいなと思いました。

ビニール袋

三脚をずっと同じ位置に固定しておかないといけないので三脚に引っ掛ける重り入れとしてビニール袋が役に立ちました。

重りはその辺に落ちている石をビニールに入れて三脚に引っ掛けました。

事前準備

撮影が失敗しないように撮影当日の注意点、事前に準備することをいくつかまとめます。

  • 当日の天候
  • 充電切れ
  • SDカード容量
  • 撮影場所チェック

上記4点を詳しく書きます。

当日の天候

カメラを屋外に長時間置いておくことになりますので当日の天気予報をチェックしておきましょう。

棟上げなので基本雨の日は作業しないと思いますが急な天候変化があると機材を撤収しないといけません。

カメラが濡れないように天気にも気を配る必要があります。

充電切れ

長時間撮影しますので充電切れしないようにモバイルバッテリーを準備して撮影開始時から繋いでおきましょう。

予備のカメラバッテリーだと入れ替える時にブレてしまうのでモバイルバッテリーが大事です。

出来るだけカメラに触れないようにする為、最初から充電状態にしておくのもポイントです。

SDカード容量

SDカードの容量が十分あるか確認しておくのも大事です。

撮影前に撮影予定時間を事前にテスト撮影しておいて容量が足りるか確認しておくのもいいです。

自分は事前に容量チェックをしてSDカードが必要と気づいたので当日成功しました。

撮影場所チェック

当日は三脚を固定して置いておける場所があるのかを事前確認しておく必要があります。

敷地内はクレーンがあったり荷物が置いてあってスペースがなかったりするので必ず撮影場所を確認しておきましょう。

撮影設定

カメラの撮影設定を記載していきます。

iPhoneでのタイムラプス撮影の場合は特に設定はありません。

【撮影機材】

  • 【カメラ】SONY α7c
  • 【レンズ】TAMRON 28-200mm 

【撮影設定】

  • 【シャッタースピード】1/30
  • 【F値】F11
  • 【撮影間隔】4秒 0/9999

上記で撮影しましたが非常に良く撮れました。

実際の映像

上記の設定で実際に撮影出来た映像が下記です。

初めて撮影した割にはいい映像だと思います。

こうやってタイムラプスで撮影すると家が出来ていく流れがわかりやすいですね。

まとめ

一生に一度の上棟なので絶対に失敗したくありませんでしたが満足する映像が撮影できて良かったです。

当日撮影前には事前テストをしてみて自分なりにシミュレーションすると上手くいくかなと思います。

棟上げ時にタイムラプス動画を撮影しようとしている方の参考になれば嬉しいです。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました