【SONY Eマウント用レンズ】タムロン28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)をカメラ初心者が購入して使ってみたレビュー

IT・ガジェット
スポンサーリンク

SONY α7cを愛用しているカメラ初心者です。

カメラのことを勉強する度にカメラの奥深さを知って腕を上げるために日々勉強しています。

ついにキットレンズでは満足できなくなり新レンズ「タムロン28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)」を購入したので初心者目線でレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

タムロン28-200mmの基本情報

タムロンのSONY用Eマウントレンズ28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)を購入したのでまずは基本情報を下記に記載します。

  • メーカー:SONY
  • マウント:Eマウント
  • 焦点距離:28-200mm
  • 絞り値:広角端28mmF2.8
  • 最短撮影距離:広角端0.19m、望遠端0.8m
  • フィルター径:67mm
  • 高速AF
  • 瞳AF対応

特徴としては焦点距離の幅が広くて広角側はF2.8と明るいレンズになっています。

購入した理由

自分はカメラ初心者で今まではキットレンズを使用していました。

キットレンズだと絞り値が広角側F4からなのであまり明るくありませんでした。

せっかく一眼レフを購入したし望遠かボカせられるレンズが欲しくなりました。

二つ目のレンズとして単焦点レンズか望遠レンズで迷いましたが自分はサッカー観戦や景色、子供の写真をメインで撮影するので単焦点よりも望遠がいいかなと思い28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)を購入しました。

実際に使用してみて

実際届いて感じたことが「思ったよりもデカい」でした。

初めて高倍率レンズを購入したのでキットレンズが小さくて軽かったんだなと改めて感じました。

下の画像が実際にα7cに取り付けた画像です。

試しに机の上の物を撮影してみましたが非常に背景がボケていい具合です。

先日実際に屋外で使用しようと思い2日間遠出し外で首にカメラをぶら下げて撮って来ましたが、流石にレンズが重くなったので1日持ち歩くのは疲れました。

ただ使ってみて良かった点の方が多いので挙げていきます。

  • 望遠の幅が広い
  • 広角F2.8と明るい
  • コスパがいい

望遠の幅が広い

28mmから200mmまでズーム出来るのでレンジの幅が広いです。

キットレンズだと焦点距離が足りないなと思っていたので200mmまでズーム出来ると利便性が全然違います。

近場での撮影なら単焦点やキットレンズでもいいかと思いますが、遠出や旅行になるとこれくらいズームできた方が色んな写真が撮影する事が出来ました。

キットレンズの次に購入するレンズとして間違ってなかったなと実感しました。

広角F2.8と明るい

広角側がF2.8と明るいのでしっかりとボカして撮影する事が出来ます。

ポートレートもちゃんと撮れますし、シャッタースピードを稼げるのでその部分もいいなと思いました。

コスパがいい

Amazonで73,000円程で購入しましたがSONY純正の望遠レンズSEL24-240 F3.5-6.3が110,000円以上するので比較して安く購入する事が出来ます。

タムロン製なので価格が安くても安心して購入する事が出来ます。

AFも速くて使用していて気になることはありません。

まとめ

実際使用してみた感想は「購入して良かった!」です。

他のレンズとも迷った末に購入しましたが、間違いないレンズだと思います。

初心者の方はどんなレンズを2本目にするか検討されると思いますが、コスパも良く色んなシチュエーションで使用できるこちらのレンズは万能でオススメ出来ます。

以上ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました