【カメラ初心者】一眼レフカメラを購入したら人生観が変わった話

LIFE
スポンサーリンク

自分は今まで旅行に行ったり何か写真に残したいシーンがあったらiPhoneで写真撮影をしていました。

iPhoneでも十分綺麗な写真を撮る事ができますしポートレートで背景をボカして撮ることもできます。

超広角で撮影することも出来るし5倍ズームをすることも出来ますのでかなり万能に使えます。

iPhoneのカメラで満足していた自分が一眼レフカメラを買おうと思ったきっかけ

実際に一眼レフカメラを購入して良かった点をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

購入したきっかけ

購入したきっかけはiPhoneに保存されている写真を見た時に写真枚数が少ないと気づいた瞬間でした。

過去記事にも掲載しているのでよければご覧ください。

保存されている写真枚数が少ないからどうなんだという話なのですが、それほど思い出に残すような記録がなかったという事です。

出かけるのが好きなので旅行に行ったり休みの日は外出したりするのですが全く写真を撮りませんでした。

撮っていたとしても画質が悪かったり実際目にした風景の凄さが伝わらなかったりするような写真ばかりでした。

自分はJリーグが好きでJ1サガン鳥栖の試合観戦によく行きます。

2018−2019シーズンは世界的に有名なフェルナンドトーレス選手やイサッククエンカ選手が所属していました。

日本で見ることが出来るなんて凄く貴重な瞬間でした。

特にフェルナンドトーレス選手は子供の頃からのアイドルなのでほとんどの試合を見にいきました。

試合中や試合後に選手が近くに寄ってきた時にiPhoneで写真を撮るのですが、スタジアムの座席からだと遠いので綺麗に写真が撮れませんでした。

後で見返してみてもいい画角で写真を撮れていても画質が悪く残念な写真となります。

せっかくの機会だったのにiPhoneしかなかった為、後から見返す写真が微妙なのです。

また、違う日には紅葉が有名なスポットに行きました。

夜だった為、紅葉がライトアップされていて湖畔に反射してかなり幻想的で素晴らしい絵でした。

ただiPhoneだと限界があり見返す写真は残念な出来でした。

今思うと写真を撮っても後で見返す写真が微妙過ぎてそんなに写真を重要視していなかったのかなとも思います。

また、去年環境が変わり子供が産まれました。

相変わらずiPhoneで子供の写真を撮影していましたが、上記に記載した通り思い出が少なかったと気づいた瞬間に今後は子供の成長と共に何度も見返したくなる綺麗な写真を残していきたいなと思いました。

その瞬間が一眼レフカメラを買おうと思ったきっかけです。

購入したカメラ

カメラに関しては全くの素人だったのでネットで一眼レフカメラについて検索して調べました。

そうすると一眼レフにもイメージセンサーによって金額が変わることを知りました。

以前からこれいいなと思っていたSONYα6400はイメージセンサーがAPS-Cだということがわかりました。

APS-Cの機種を買っても後からフルサイズカメラが欲しくなるなと思ったので、金額が張りますが思い切ってSONYα7cを購入しました。

今のところはα7cを選択して間違いなかったなと思っています。(クレジットカードの支払いに泣いていますが)

カメラレンズについて自分はα7cのレンズキットを購入したのですが

もし余裕がある場合はレンズキットではなくて違うレンズを購入することをオススメします。

実際に自分が他のレンズを購入しようとしているからです。

カメラ購入時にこれを買っておけば良かったと思ったレンズが

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)となります。

キットレンズはf値が4-5.6なのですが上記のタムロンレンズだと

f値が2.8で通しになっており望遠側でも明るく撮影できてボカす事が出来ます。

価格もSONY純正に比べてリーズナブルなのでキットレンズではなくタムロンがオススメです。

実際に使用しているカメラがこちらです。

お気に入りで出かけるときは常に持ち歩いています。

購入して良かったこと

購入してからは行動が変わり、価値観が変わりました。

  • 積極的に外に出るようになった
  • 普段行かない場所に行くようになった
  • 視点が変わった

積極的に外に出るようになった

普段から外に出ないわけではありませんが、特に用事がないと

家でドラマを見たりゲームをしてゆっくり過ごす事がありました。

カメラを購入してからは家にいることはほとんどなくなり

周辺の写真スポットや観光地を探して出かけるようになりました。

いい写真を撮りたいという欲求が出てきて普段行かないような

観光地に行ったりして新しい発見があったりします。

普段行かない場所に行くようになった

有名な観光地に行ったりは今までもしていたのですが

いい写真を撮るために行った事がない場所に行くようになりました。

風景を撮ったりポートレートで花を撮ったりしています。

今まででは行く事がなかった場所でもかなり楽しめるなと思いました。

視点が変わった

今まで写真を撮る時は立って目線からただ撮るだけでしたが

アングルを変えたりするので撮影する目線が変わりました。

また、普段目に入らなかった被写体にも目が行くようになり

物事を見る目が変わりました。

まとめ

写真を撮るようになってからは思い出を残す為に積極的に外に出るようになり

普段行かない場所に行ったりして新しい発見があったりします。

一眼レフカメラにはただ綺麗な写真を撮るだけではなくて

思い出を残す為に外に駆り出すパワーがあるなと感じています。

これからもいい写真を撮っていこうと思います。

以上ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました