【SONY/αシリーズ】一眼レフ初心者がキットレンズの次に購入したいおすすめレンズ

IT・ガジェット
スポンサーリンク

一眼レフカメラを購入して最初のキットレンズに慣れてくると次のカメラレンズが欲しくなってきますよね。

先日カメラレンズを試す機会があったのでキットレンズの次に買いたいコスパ最強のカメラレンズを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

実際使ってみて良かったレンズ

実際に使用してコスパがいいと思ったレンズは下記になります。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

一眼レフカメラのフルサイズ用としては格安でamazonの価格で約26,000円です。

いわゆる”撒き餌レンズ”と言われています。

撒き餌レンズとは

撒き餌レンズとは、釣り等で魚をおびき寄せる「撒き餌」になぞらえて初心者でも手を出しやすい価格と性能を兼ね備えたレンズの事です。

撒き餌レンズをきっかけにしてレンズ沼に引きずり込もうとするメーカーの作戦ですね。

撒き餌レンズと聞くと言葉の印象が悪いですが、実際はかなり性能が高くコスパも良いので初心者にもおすすめです。

FE 50mm F1.8 SEL50F18Fのメリット

こちらのレンズは単焦点50mmでF値が1.8となっています。

以下メリット

  • 価格が安い
  • 小型・軽量
  • ボケた写真が簡単に撮れる

価格が安い

まず価格ですが、フルサイズ用のレンズにしては破格の安さです。

カメラ購入後の金欠状態でもなんとか買う事が出来ます笑

小型・軽量

重量が186gとかなり軽量です。さらにコンパクトなので持ち運びもしやすい仕様になっています。

ボケた写真が簡単に撮れる

F値が1.8なのでキットレンズよりもかなりボカして撮影する事が出来ます。

キットレンズでもボカすことは出来ますが、やはりF値1.8のこちらのレンズと比べると満足度が全然違います。

やはり一眼レフを購入したからにはボケた写真を撮るのが醍醐味になるはずなのでおすすめになります。

デメリット

使用してみて感じたのが

  • オートフォーカスが遅い
  • フォーカス時の音が気になる

オートフォーカスが遅い

オートフォーカスが遅いのが少し気になりました。

子供や動く被写体を撮影する時には、ちょっとどうなんだろうと思いました。

特に子供なんかはよく動くのでフォーカスが遅くてシャッターチャンスを逃してしまう可能性があるかなと思いました。

被写体が動かないスナップや風景等メインなら問題無いかと思います。

フォーカス時の音が気になる

本当に人によると思いますが、フォーカス時にジージー音が鳴るので少し気になりました。

慣れたら気にならなくなるかも?

まとめ

やはり価格が安くて簡単にボケた写真が撮影出来るのがこちらのレンズの良いところだと思います。

フォーカスが遅かったり、フォーカス時の音が気になるのはありますが、デメリットを補って余りあるコスパの良さ、性能があると思います。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました