【ニキビ無しの肌へ】メンズアラサーがニキビ肌を改善した方法のまとめ

LIFE
スポンサーリンク

女性はもちろんですが、男性でも顔にニキビが出来るとテンションが下がって嫌な気持ちになるものですよね。

自分はメンズアラサーですが、2〜3年前くらいまではニキビに悩まされていました。

スキンケアをしていなかったわけではなくて夜お風呂で洗顔をしては化粧水、乳液を塗ってキチンとケアをしているつもりでした。

それでもニキビが定期的に出来ては肌が赤くなったりして萎えていました。

そこでキチンとケアをしているつもりでも実は正しいケアが出来ていなくてニキビが減らなかった理由を見つけた自分の体験談をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

自分の肌質を知る

ニキビの正しいケアをするにはまず第一に自分の肌質を知る必要があります。

  • 乾燥肌
  • オイリー肌
  • 混合肌
  • 敏感肌
  • アトピー肌

肌質は上記5つに分類します。

プロアクティブのHPが詳しく記載してあるので参考にされてください。

自分は化粧水を塗ってはいましたが、肌に合わせた化粧水を選んでいるわけではありませんでした。

その為、化粧水を使用していてもあまり効果がなかったんですね。

実際の肌質は混合肌でTゾーン(おでこと鼻)がオイリーでUゾーン(頬と口周り)が乾燥肌でした。

自分の場合おでこと鼻は元々ニキビが出来にくかったですが、頬と口周りができやすかったです。

自分の肌質に合ったケアをする

自分の肌質が分かれば肌質に合ったケアをするだけです。

幸いTゾーン(おでこと鼻)は元々ニキビが出来にくかったのでUゾーン(頬と口周り)のケアだけで済みました。

Uゾーン(頬と口周り)が乾燥しやすかったので保湿を徹底して行い改善しました。

実際のケア方法

実際に自分がやっている洗顔方法を下記に記載します。

  1. 手を洗いぬるま湯で顔を流す
  2. 洗顔料をよく泡立てる
  3. 泡で優しく洗う
  4. 洗顔ブラシを使う(夜のみ)
  5. ぬるま湯で洗い流す
  6. 綺麗なタオルで優しく拭き取る
  7. 保湿ケア

以上となりますが細かく解説します。

手を洗いぬるま湯で顔を流す

汚れた手で洗うと良くないのでまず手を清潔に洗って顔を濡らしましょう。

顔を濡らすと泡が持続しやすくなります。

暑すぎるお湯で顔を流すと肌に必要な油分まで流れてしまうのでぬるま湯が最適です。

洗顔料をよく泡立てる

しっかり泡立てた濃密泡が皮脂や古い角質を落としやすくなりますので良く泡立てましょう。

泡立てが苦手な方は100円ショップやニトリ、無印良品等でも泡立てネットが売ってありますので購入したらモコモコの泡が作れます。

また、忙しい朝は泡で出てくる洗顔料もお勧めです。

泡で優しく洗う

泡をたっぷり作る事が出来たら泡で肌の上を転がすように優しく洗いましょう。

ゴシゴシ擦るのは絶対NGです!

洗顔ブラシを使う(夜のみ)

泡で優しく洗ったら洗顔ブラシにも泡を付けて押し付けないように優しく洗います。

自分の場合これが1番効果がありました。

洗顔のみで取れなかった毛穴汚れまで綺麗になっている実感があり洗顔ブラシの偉大さを感じました。

今まで使用していなかった人には絶対お勧めです。

ぬるま湯で洗い流す

洗顔料が肌に残ったままだと肌荒れの原因になりますのでぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

綺麗なタオルで優しく拭き取る

手拭きタオルとして使用しているタオルで顔を拭くのはNGです。

手拭きタオルに付着している雑菌が、せっかく綺麗に洗った顔にまた付着してしますので洗顔後は綺麗なタオルで拭くようにしましょう。

また、拭く際もタオルでゴシゴシ擦るのではなく、タオルを押し付けるようにして水分を吸い取りましょう。

保湿ケア

洗顔後は保湿ケアを行いましょう。

化粧水、乳液の順番に塗ります。

個人的にお勧めの商品は無印良品の化粧水と乳液です。

お勧めポイントとしては無印良品の化粧水、乳液に接続可能なスプレーヘッドがあり顔に均等に振りかけることが出来るので手に取ってつけるよりも楽に塗ることが出来る為です。

それもあり数年間無印良品のスキンケア商品を何度もリピートして使っており自信を持ってお勧めできます。

まとめ

男性でもニキビ肌に悩んでいる方は多いと思います。

まずは自分の肌質を知り、自分に合ったスキンケアをすることで必ずニキビ肌を改善することが出来ますのでニキビが出来にくくなる肌を目指して頑張りましょう。

このブログでは引き続き使ってみてよかったスキンケア商品を紹介していこうと思っていますのでよろしくお願い致します。

以上ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました