【アサヒ生ジョッキ缶】仕事終わりにコンビニでアサヒ生ジョッキ缶とよだれ鶏で一杯飲んだ話

LIFE
スポンサーリンク

4/6からコンビニで先行発売されている”アサヒスーパードライ生ジョッキ缶”を仕事帰りに購入してみたので感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

アサヒ生ジョッキ缶とは

アサヒ生ジョッキ缶とは日本初の生ジョッキの雰囲気を缶で味わえる新商品となります。

4/6からコンビニで先行発売を行い、4/20から通常発売となります。

缶の蓋がフルオープンタイプになっており蓋を開けると自然に泡が発生し生ジョッキで飲んでいるかのように味わえる商品となっています。

アサヒビールHP

実際に購入してみて

近くのコンビニで取扱があるか不安になりながらセブンイレブンに行ってみると普通に販売しており無事に購入する事が出来ました。

中身はスーパードライと同じですが、容量がスーパードライ350mlに対して生ジョッキ缶340mlと泡が立つため少し容量が少なくなっています。

価格は普通のスーパードライと同じとのことです。

自分は家でビールを飲む時は冷凍庫でコップをキンキンにして缶自体も少し冷凍庫で冷やしてからコップ、ビール自体をキンキンにして飲むようにしています。

ただ今回はフルオープンタイプの缶になっているので缶のまま飲むことになります。

出来るだけぬるくならないようにいつもキャンプの時に使っているサーモスの保冷缶ホルダーを使って飲むことにしました。

これを使用するとぬるくならないのでお勧めです。

実際に空けてみると少しずつ泡が発生してきました。

少し経つとモコモコの泡が完成しました。

普通の缶で直のみするのが自分は嫌いなんですが、こちらの商品はフルオープンタイプなので飲み口が広くなっているのでゴクゴク飲む事が出来ます。

また、飲み口は鋭利というわけではなく、きちんと丸くなっていて口が切れることもなく安心して飲む事が出来ます。

合わせて購入したよだれ鶏と合わせて飲みましたがやっぱり仕事終わりに飲むビールは最高でした。

まとめ

自宅で手軽に生ジョッキ気分を味わえるので非常にありがたい商品だと思います。

また、キャンプや自宅の庭でバーベキューをする時等も普通の缶よりこちらの方が雰囲気もありいいでしょう。

普段他の商品を愛飲している人も一度は試してみるのもいいかと思います。

以上ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました