【ファミキャン】ファミリーでデイキャンプに行く時の”必需品”リスト

キャンプ
スポンサーリンク

春になり気温が高くなってくると家族で屋外に出かけたくなりますよね。いざキャンプに出かけると”あれを持って来るのを忘れた!””あれがあると便利だったな、、”と思う事が結構あります。

実際現地で困らないように今回はキャンプ場にファミリーデイキャンプに出掛ける方向けに必需品について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

必需品リスト

  1. タープ
  2. テーブル
  3. チェア
  4. 焚き火台
  5. 調理器具
  6. 食器類
  7. クーラーボックス
  8. モバイルバッテリー
  9. 子供用品

それぞれ解説していきます。

タープ

自分はデイキャンプの場合はテントを張る必要はないと思っています。種類にもよりますがテントを張るのにも撤収するのにも時間が掛かるし、小さい子供がいると面倒を見ながらテントを張るのは大変だからです。

その点タープだと慣れれば5−10分くらいで設営することができてテントに比べて時間の節約になりますし日除け、雨避けにもなるので急な天候変化にも対応出来ます。

また、テントに比べて軽くてコンパクトなのでデイキャンプの時は身軽になりメリットがあると思います。

もちろんテント派の人もいると思いますので上記は一個人の意見です。

自分はキャンプを始めた頃にAmazonで購入した5,000円くらいの安いタープを使用していますが、初心者の方は安いタープで十分かもしれません。

慣れてきたらタープの下で焚き火やBBQが出来るようなポリコットン製のタープ等にステップアップしてもいいかもしれません。

自分は現在下記のタープを購入しようと思っているので使用してみたらレビューしたいと思います。

テーブル

食事をする場所としてテーブルは必要になります。

テーブルは軽量、コンパクトで高さ調整できる折り畳み式のタイプがお勧めです。

重くて大きいと持ち運びにくいですし、高さ調整が出来れば自分の使いやすい高さに合わせて使用する事が出来ます。車に載せる時は折り畳み式の方が場所を取らないのでいいかなと思います。

チェア

こちらに関しても軽量、コンパクトなタイプがお勧めです。

テーブルの高さに合うサイズなのかも確認ポイントだと思います。

背もたれ、肘置き付きの方がゆっくり出来ますし、座る高さも大事かと思います。あまり低い位置だと立ち上がりにくいですし、ある程度の高さのチェアがいいかなと思います。

焚き火台

やはりキャンプには焚き火台がマストアイテムだと思います。炭火を使用した料理は屋外でしか出来ませんし、炭火で焼いたお肉程美味しいものはありません。

また、料理が終わった後は焚き火を楽しみながらお酒を飲むと最高の気分になれます。

調理道具

当日どんな料理を作るかによりますが下記

  • 包丁
  • まな板
  • カセットコンロ
  • ダッチオーブン
  • クッカー
  • トング
  • おたま

などが必要になってきます。

出発前に家で食材の準備をしていく場合は包丁、まな板は必要ありませんね。

食器類

食事を取るときには食器は必要ですよね。

かっこいいカトラリーや食器もありますが自分は帰って洗ったりするのが手間なので使い捨ての紙皿や紙コップを使用しています。

市区町村指定のゴミ袋を持っていけば指定ゴミ袋に入れて帰ってから出すだけなので便利になります。

クーラーボックス

時期にもよりますがお肉や、お魚、飲み物を冷やして持って行く為にクーラーボックスは便利です。

小さいと食材や飲み物が入りきらないのである程度大きめのクーラーボックスがいいかなと思います。

子供の運動会などの行事にもずっと使えますしね。

モバイルバッテリー

キャンプ場は電源がないところがほとんどなのでいざスマホの充電が切れた時が本当に困ります。

また、山林や街中から外れた場所に所在している事が多いのでいざというときにスマホが使えなくなると困ります。

なので余裕を持ってスマホを2−3回充電できる容量のバッテリーを持って行きましょう。

子供用品

お子さんがいると年齢に応じたグッズが必要になります。

  • オムツ
  • ミルク
  • 離乳食
  • おもちゃ

上記は一例ですが

おむつが必要な赤ちゃんの場合は、臭いが漏れないように替え終わったおむつを入れる袋が必要です。

ミルクを飲む赤ちゃんの場合はミルクを溶かす水、お湯を沸かすバーナーやクッカーが必要になります。

離乳食も冷たいままではあまり食べてくれなかったりするので湯煎出来る様にバーナー、クッカーが必要です。

他にもライフスタイルによりシチュエーションが変わってきますので一度ご自身でシミュレーションをしてみて必要なものがないか考えておくといいと思います。

まとめ

以上必需品をまとめてみましたのでご参考になれば嬉しいです。

ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました