【ユニフレーム】ブッシュクラフトナイフ 使用レビュー

キャンプ
スポンサーリンク

先日ユニフレームからブッシュクラフトナイフが発売されているというのを知り、ちょうどフルタングナイフを探していたので購入してきました!

最初はAmazon楽天等で探していたのですが、中々売っておらず人気なんだなーと思っていました。メルカリを見ていると定価より高い価格で転売されており、良心的な価格の物はすぐに売れている様子でした。

仕方がないので近くのアウトドアショップに足を運んでみるとショーケースに展示してあり、在庫確認すると在庫ありだった為、無事購入する事が出来ました。

店員の方に話を伺うと、転売対策で店頭のみの販売にしているとの事でした。

そしてユニフレーム/ブッシュクラフトナイフを先日購入して実際にキャンプで使用してみたので初心者目線でご紹介していきたいと思います。

現在は普通に取扱があるみたいです。

スポンサーリンク

UNIFLAME/UFブッシュクラフトナイフの特徴

UNIFLAME/UFブッシュクラフトナイフ ¥5,500-

【サイズ】

  • 本体:全長23cm
  • 刃長:11cm
  • 刃厚:3.5mm

【材質】

  • 刃部:ステンレス(8A)
  • 柄:ポリプロピレン(PP)・エラストマー
  • シース:ABS樹脂

【重量】

  • 本体:約150g
  • シース:約40g

自分のナイフの使用用途は

  • バトニング
  • ファイヤースターター
  • フェザースティック

となります。

まずバトニングについてですが、刃厚が3.5mmあり分厚いです。また、ブレードが持ち手の後ろまで貫通しているフルタングナイフとなっています。バトニングする時も破損する心配なく安心して叩くことが出来ます。

次にファイヤースターターについては、ナイフの背にエッジが立っているのでメタルマッチを使用する時に火花を飛ばしやすいです。

今までは、メタルマッチ付属のストライカーを使用していましたが、火花が飛びずらかったので必死にこすってました笑

シースに関してはプラスチックっぽくて若干チープな印象があります。ただ、本体の値段を抑えてあるのでコストカットの為に仕方ない部分だと思います。

次にフェザースティックに関してですが切れ味が良くてかなり使いやすいです。

今まではフェザースティックを上手に作れませんでしたが、このナイフだと切れ味が良くて上手に作る事ができるようになりました。

やはりナイフの切れ味は重要ですね。

まとめ

初めてフルタングナイフを購入し使用してみましたが、購入してよかったと思いました。

比較対象としてモーラナイフのコンパニオンも検討していたのですが、コンパニオンはフルタングではないので心配でした。

バトニングで使用する場合はユニフレームがいいと思います。

国産という事もあり、手入れにより長く使用出来るはずなので迷っている方は、少し高くなりますがユニフレームをお勧め致します。

ご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました